水没した時、まずどう応急処置をすれば良い?

元の状態に戻すために絶対にやっておきたいこと

まず、水没させてしまったら、すぐにiPhoneを水から取り出しましょう。そのまま放置してしまうと機械の中にさらに水が入ってしまって直らなくなる可能性が増えてしまいます。
次に、布やタオルなどで付着している水をふき取りましょう。細かい隙間やイヤホンジャックなどのところもしっかりとふき取るとさらに良いです。水から取り出す際やタオルでふき取る際は、iPhoneにあまり衝撃を与えないように注意しましょう。衝撃を与えることによって水分が内部に入ってしまうかもしれません。
また、もしiPhoneの電源が入っている場合はすぐに電源を切りましょう。電源が入っていると電気が通ってしまって、さらなる故障につながることがあります。
以上のことをすれば、何もしないよりも大きくiPhone復活の可能性が上がります。

それだけはダメ!!絶対にやってはダメなこと

まず、絶対に電源は入れないでください。先ほど説明したようにiPhoneの電源が入っていた場合は、すぐに電源を切りましょう。iPhoneが壊れていないかとても心配になると思いますが、電源をつけてしまうと基盤がショートしてもう使えなくなってしまうことがあります。
また、乾かそうと思っても電子レンジやドライヤーを使ってはいけません。これらの器具を使うことによって、iPhoneが高温になってしまうことで故障することもあります。
これらの中でも絶対にやってはいけないことが「放置する」ということです。水没したまま取り出さないというのはもちろんですが、先ほど説明した応急措置をしないと一気に復活の可能性は下がってしまいます。

iphoneの修理を銀座で行う場合、時間を潰す事が出来る施設が豊富にあるので、待ち時間がある場合も安心です。