応急処置を終えたら修理を!

水没した時はまず乾かしてみる

ポケットに入れてあったiphoneをトイレに落としたり、ポケットに入れておいたiphoneをそのまま洗濯してしまったという経験はありませんか。そんなとき役立つ応急処置をご紹介します。 まず最初にすることは電源を切ること、実はこれが一番重要でデータが消えてしまうというリスクを減らしてくれます。次にiphoneについた水分を拭き取りましょう。カバーやアクセサリーは外して、イヤホンの穴や、充電の差込、ボタン部分なども念入りに拭き取ってください。綺麗に拭いたら、大事なデータが入っているSIMカードやSDカードを外してしっかりと乾燥させます。このとき本体を振ったり、ドライヤーを使ったりはしないでください。密閉できるビニール袋に、iphoneとお菓子などに入っている乾燥剤を入れて2~3日乾燥させましょう。

復活してもしなくても修理に出そう

乾くまでは絶対に電源を入れてはいけませんし、充電もしないでください。中に水分があるとショートして、大きなダメージを受ける原因になります。
いよいよiphoneが完全に乾いたら、電源を入れてみましょう。無事に電源が入った方はおめでとうございます。しかし一度水没してしまうと徐々に中身が錆びてしまい、しばらくすると使えなくなることもあります。データを守ることを第一優先として、すぐに電話帳や写真などのバックアップを取り、修理に出すことをお勧めします。錆とりなどのクリーニングをしてくれる場合もありますよ。
残念ながら電源が入らなかった方も、諦めずに修理に出してみましょう。データだけでも復旧できる可能性もあります。
水没の状況にもよりますが、すぐに修理に出すと復旧する確率がかなり高くなります。応急処置の後電源が入っても、入らなくても一度は見てもらいましょう。

iphone修理を青森でしてもらうことが出来ます。画面割れ、バッテリー交換、水没等のトラブル対応など、様々なトラブルに対応してもらえます。